ベイオーク

西日本最大級の オートオークション ベイオーク

パソコンからログイン スマホからログイン

h_index_02_01

企業情報



img_02_01

2019年 年頭所感

新年あけましておめでとうございます。
昨年に皆様から賜りましたご愛顧とご支援に 心より御礼申し上げます。
新年を迎えるにあたり謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。

2018年は、未来に向う準備の年であったように思います。昭和の経済成長から平成の成熟期も終わりを迎えようと し新しい時代に生まれ変わろうとする変化の年でありました。2020年東京五輪開催に向け様々な事が決定しました。
また2025年の大阪万博開催も決定し世界に日本の技術力・サービス力・創造力を立て続けにアピールするチャンスを得ました。 車業界にとっては、2年連続で国内新車販売台数が前年を上回る見込みで堅調な景気を裏付けています。
「次世代自動車戦略2010」の次世代自動車 新車販売台数目標20-50%は、2020年を目前に約30%で達成しており、 新たに「自動車新時代戦略会議・中間整理」において2050年までに乗用車のxEV比率を100%到達と明記されました。 残念ながらイノベーションについては深く追求されませんでした。国内の保有数からすると、まだ次世代自動車の台数は数十%ですが、 2025年の未来には・・・・。2019年は己亥、ステップアップする年です。"亥"は、十二支の最後の年で2020年の"子"には 新しい光がでるでしょう。エネルギーだけでなく根本的な改革をし2020・25年のチャンスを活かしていただければ、 市場が活性化し車業界は次世代でも安定できる可能性を見出せます。

 ベイオークは昨年40周年を迎えさせていただきました。オーストラリア・台湾ご招待旅行を行い、また新ヤードも取得いたしました。 インドネシア(ジャカルタ)のオークションは通算96開催・出品台数平均200台(当会場のMAX)が安定し・成約率70%に及んでおり POSシステムの導入、それに伴う車両画像の動画配信の準備も進めております。また第二会場も建設中であり本年には始動予定です。 さらに、輸出先国TOP10に常駐しているスリランカにて新事業も開始予定です。2019年も皆様に必要とされる会場となるべく システムリニューアルを行うと共に時代のニーズにあったサービスの充実を単会場オークションの柔軟性・スピード性を活かし 社員一同精進して参ります。
本年も変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。 皆様のご健勝と益々のご発展を心よりお祈り申し上げます。

株式会社ベイオーク
代表取締役 社長
塩原 淳平


リアルタイムで広がるビジネスチャンスがあります。遠方の方やオークション会場へ来場不可能な時もベイネットで解決。

オフィスや自宅からインターネット回線を通じてセリに参加できるのがベイネットです。
下見検索や不在入札機能、自社出品車輌の確認など豊富で使いやすい機能がいっぱいです。

無料会員登録はこちら